星を食べる お笑いオタク

男性会社員 お笑いオタク20年

あの頃 アンジャッシュ

今をときめく芸人さんを、主観での記憶で思い出します。

あいうえお順にいこうと思いまして、まずは「アンジャッシュ」。

  

初めて見たのは20年前ぐらいのオンエアバトル。中1ぐらいやったと思います。その頃から完成度の高いすれ違いネタやってました。

今のようにあんなポンコツキャラで売れるとは思ってなかったです。そもそも近畿圏ではネタ以外見る環境がなかったので、知的イケメンコンビと思ってた。

大阪ではあんなネタをするコンビがいなかったので衝撃でした。別にどっちも面白いこと言ってないのに、シチュエーションに当てはまるだけでめっちゃ面白いくなるっていう斬新さに感動しました。

その後、エンタの神様でバンバンネタやってブレイクしましたが、そのブレイクの10年前にはすでに完成してたのですごいコンビだと思います。

アンジャッシュでた後の初期、大阪ではランチというコンビが似たようなことをやってた記憶があります。面白かったし好きやったんですが、解散してしまいましたね。

  

むしろランチの二人の現在が気になってきました。

  

 

追記;調べたら、ランチの片方は風藤松原の風藤さんでした。またあんなネタ見たいなぁ。

ABCお笑いグランプリ 感想

【一回戦】

・からし蓮根

→幼稚園の先生漫才。違うネタではいいボケも多かったですが、今回は肝心のそれが少なくて。技術がまだついてないのもあって厳しかったです。

 

ラフレクラン

→イケメンとキモメンのコント。ボケも展開も古い。20年前のオンバトレベル。

 

ゆりやんレトリィバァ

→シャネルコント。まあまあおもしろいけど、たぶん今はどこ行ってもウケるからセンサーがバカになってる。このネタはそこまで突出してない。好きやけど。

 

マルセイユ

→漫才。うまいけど、なんでこんなウケるんやろと不思議でした。若い、劇場きてるような女の子に人気あるんでしょうね。会場の空気だけで決勝いった感じ。

 

ロングコートダディ

→姉妹コント。おもしろい。関東芸人寄りのセンスを持ってますね。伏線張りながら、きっちり回収するときに爆笑取るのがプロ感あって好き。

 

ジャイアントジャイアン

→うまいけど爆発はしないタイプ。それにしても関東芸人のアウェーな感じはかわいそうですね。マルセイユの時といい、客層がなぁ。

 

田畑藤本

→東大漫才。ネタの東大縛りを解いてみたらどうかな、と思います。東大出身というのが売りではなく、そろそろ足かせになってる感じ。さわりだけでええねん。

 

・ザ・グレイテスト・ヒッツ

→映画予告コント。おもしろい。ボケの演技力と、一発必殺のツッコミ。センスすごい。ツッコミがもっとキレキレになれば。

 

紺野ぶるま

→嫌な女コント。女の描写をするコントは世の中に数あれど、また新しい感じだったのでおもしろかったです。序盤に比べて後半しぼんだのが残念。いや、おもしろいんですよ。

 

・ツートライブ

→ユーチューブで見たときは「うまいけどおもんないな!」って思ってたんですが、めっちゃうまいし面白いですね。テーマが少し古いけど、技術でここまでおもしろくなるか!っていう。脚本も練られてて。努力タイプですね。

 

霜降り明星

→そんなに面白いか?っていうところが常にあります。粗品は好きで、センスすごいと思います。が、ボケを意図的にコミカルで伝わりやすくしすぎてて。そこにセンスツッコミ入れるっていうのが作戦なんでしょうけど、親切すぎる気が。

 

・ハナコ

→虫取りコント。ド頭から面白い。展開中もセンスがありましたね。激戦区ブロックなのが残念。

 

 

時間資源

「自分が5分で思いついたことは、他の者も5分で思いつける」みたいなのを本で読んでなるほどと思った。

経済学では時間も資源としてとらえます。この場合の資源とは=お金です。

本当の意味で時は金なり。浅い啓発本レベルの意識の話ではなく、実際の物質的価値として。

  

自分が100円で投資して手に入れることができる範疇のものは、他の者も100円程度で手に入れることができます。

つまりは、他の者が膨大な時間とお金をかけてたどり着いた所にいくには、同様のコストを支払わないとたどり着きません。才能の多寡は置いといて。そんなん考えてもしゃあない。

 とにかく時間を払って考えて考えて、誰もなかなかたどり着けない答えまで導くというのが何にでも通用する唯一の方法ではないかと最近は思ってます。答えが仮に振り出しと同じ位置に戻ったとしても、根拠レベルが全く違うので精錬度が異なるよ異なるよ。

ABCお笑いグランプリ予習②

ユーチューブで予習中です。

 

・ツートライブ

広島と京都のコンビ。技術的にはうまい。でも暴走族ネタを見たのですが、ボケは20年前ぐらいのレベル。うまいだけに残念でしたので、こんど違うネタをみてみよう。

 

田畑藤本

東大芸人。うまいこと独特な台本を書いてる。たぶん誰もやってないとこ、やってないとこをくぐって作ってるので頭の良さが伺い知れる。ただ技術がまだ追いついてない感じ。

最近聞いたラジオ

オードリーのオールナイトニッポンはずっと聞いています

  

他には

俺たちかまいたち

ダイアンのよなよな

ミキの兄弟でんぱ

 

やっぱり、ラジオは如実に能力がでますね。

当たり前ですけど、面白いラジオしかリピーターになりません。

まずいラーメン屋に何度も行かないのと同じです。

  

僕もうまいラーメン屋になれているのでしょうか。日々の会話の節々にうまいラーメンを提供しよう